庭は住まいの中の小さな公園

庭は住まいの中の小さな公園

庭は住まいの中の小さな公園

季節の花々や木々が植えられた公園を、好まないと言う人はまずいないでしょう。
忙しい日常の中に心は癒され、一人になりたい時は静かな時間を過ごす事が出来ます。
また家族や友人と一緒であれば、嬉しさも楽しさも倍増します。
住まいの中の庭は、小さな公園を我が家に造るようなものです。
庭がある事によって癒されもし、楽しさも味わえます。

庭作りは子育てと同じです。
愛情を注げば注いだだけ、きれいな花を咲かせて応えてくれます。
植物は大きくは宿根草と一年草に分けられます。
宿根草は一度植えると毎年毎年花が咲きます。
しかも株は大きくなるので、株分けをして増やす事が出来ます。
家のどこに庭が位置するかで、花の咲き始めの日が違ってきます。
日当たりの良い東南と日陰の時間が多い北側の庭では、同じ花でも1週間10日と開花が違ってきます。
私は自宅の周りをぐるっと庭にしていますが、3ヶ所、4ヶ所に株分けをして植えています。
最初は南に植えた花が咲き、終わった頃に東と西が、そして最後に北側に植えた花が咲くので、花の命は短いとは言え長い期間を楽しむ事ができます。
この宿根草は友人から株分けしてもらったり、お互いに交換するのも楽しい事です。
季節が巡り咲いた花を見る度に、譲ってくれた人を懐かしく思い出せるのも庭の良さです。

一年草は種で増える植物です。
花が終わった後はたくさんの種が取れますが、その種を蒔くか、自然にこぼれた種で翌年また花が咲きます。
「こぼれ種」で咲く花は自然の理のようで殊更にきれいです。
花と一緒に木も植えれば、また一段と上級の庭になります。
バラは種類も豊富で四季咲きの品種も多く、5月から初冬まで楽しむ事ができます。
特に夏が過ぎると寂しくなった庭に、明るい色をしたバラが咲くと嬉しくなります。
甘く良い香りがするバラは、虫も大好きなようです。
自然に近い消毒剤を使い、環境にも気を遣いましょう。
手入れの行き届いた庭は1年を通し、誰をも楽しませてくれます。

Copyright 2014 庭は住まいの中の小さな公園 All Rights Reserved.